法人情報

ご挨拶

 これまで、多くの障がい者は親がかりの生活を強いられ、親亡きあとは、施設での生活という選択しかありませんでした。

 

 療育・保護・更生の名のもと、ともすれば障がい者を施設に分離し、「何でも一人でできる」ための訓練に主眼がおかれてきました。障がい者が、一人の人間として、自立した生活を営むための支援やそのような環境作り、いわゆる「社会モデル」の考え方に基づいた取り組みが充分に行われてきませんでした。

 

 このような状況を変革するため、多くの障がい当事者や家族、支援者による地域で共に生きる運動が取り組まれてきました。その大きな潮流のなかで、1999年いばらき自立支援センターが設立され、2001年に特定非営利活動法人となりました。地域での自立支援サービスがほとんどない状況から、自らが事業体としてサービス提供者となり、日中活動の支援、グループホームや自立生活の支援、ホーム・ガイドヘルパー派遣、相談支援等の事業を実施することにより、障がい者の地域での自立生活を支援してきました。

 

 2003年に支援費制度が施行され、これまでの措置制度から利用者がサービスを選択・決定し、事業者との契約に基づいてサービスを利用する契約制度へと障がい者福祉制度は大きく転換されました。2006年には自立支援法の施行、2013年には総合支援法の施行と、行きつ戻りつしながらも前進していると言えます。しかしながら、未だ多くの障がい者が自分の意思に反して施設に隔離されている現実があります。重度の障がい者が地域での自立生活を希望しても、支える制度・仕組みが充分にありません。

 

 私たちの考える自立とは、決して「何でも一人でできる」ことを指したものではなく、相互にささえあう社会のなかで、必要な支援を使い、充分な情報のもと「自分のことは自分で決める」ということです。

 

 障がい者に対して未だ恒常的に排除や人権侵害が続けられている事実があるなか、障がい者が当たり前に地域で自立生活するためには、身近な支援者と共に、障がい当事者が自らの権利を獲得・擁護していくこと(セルフアドボカシ-)が、必要不可欠です。

 

 施設収容型福祉から、地域自立型福祉への転換を真に実現するためには、ノーマライゼーションやインクルーシブの理念のもと、政策決定の場も含めたあらゆる意思形成過程の場への当事者参画が、日常的なものとならなければなりません。

 

 以上のことを踏まえ、わたしたちは、特定非営利活動法人いばらき自立支援センター(ぽぽんがぽん)の理念と活動を継承して、「どれだけ重い障がいがあっても地域のなかで自分らしく暮らす支援」を安定的に多くの方々に提供できる基盤となる社会福祉法人を設立します。

 

 障がいがあってもなくても、誰もがあたりまえに地域で共に学び、共に働き、共に暮らすことができる社会、笑顔あふれつながりあえる社会の実現に向けて、障がい者支援にとどまらず、インクルーシブな保育・教育期の支援事業や、インクルーシブな高齢者の支援事業等への展開を目指します。そして、当事者主体の支援を実践し権利擁護の街づくりに取り組んでいく所存です。

2013年11月20日 

(仮称)社会福祉法人ぽぽんがぽん 設立発起人一同